(わ)

若者のすべて

1994.10.19 - 1994.12.21(フジテレビ系)
水曜日21時枠
出演:萩原聖人、木村拓哉、武田真治、鈴木杏樹、深津絵里、遠山景織子、山口紗弥加、川島なお美、篠原涼子
脚本:岡田惠和
P:亀山千広、杉尾敦弘
演出:中江功、木村達昭、臼井裕詞
主題歌:Mr.Children『Tomorrow never knows』

22歳の原島哲生は亡き両親が残した修理工場を営んでいた。妹の妙子は両親を亡くしたショックで心を閉ざしており、工場の経営は上手く行っていない。圭介は町医者の父を継ぐため、4浪中。亮子は女優をめざし、薫は街を出て商社に勤めている。ある事件がもとで植物人間になってしまった守、その原因に関与していた事で皆の前から姿を消した武志。工場のある薄暗い街で22歳の夢と傷みが交錯する。

わが家の歴史

2010.4.9 - 2010.4.11(フジテレビ系)
出演:柴咲コウ、佐藤浩市、西田敏行、富司純子、松本潤、佐藤隆太、堀北真希、榮倉奈々、加藤憲史郎、天海祐希、長澤まさみ、大泉洋、玉山鉄二、山本耕史、鈴木砂羽、阿南健治、高田純次、木梨憲武、中尾明慶、和久井映見、今井悠貴、相武紗季、小栗旬、高嶋政伸、戸田恵子、山口智充、武田真治、宇梶剛士、山田孝之、伊東四朗、八嶋智人、ウエンツ瑛士、茂木淳一、藤原竜也、内野聖陽、塚地武雅、石坂浩二、小日向文世、角野卓造、宮川大助、中井貴一、岡田将生、寺島進
脚本:三谷幸喜
P:重岡由美子、稲田秀樹、江森浩子
演出:河野圭太

昭和20年、終戦を迎えた日本の博多で暮らす八女家では、甲斐性がなく次々と事業を失敗させてしまう父の時次郎に代わって長女の政子が弟妹を支えていた。一家が極貧生活を送るなかで、中洲のクラブ「長い夜」で働き始めた政子は、店の経営者である鬼塚大造と知り合い見初められるようになる。彼には仕事のパートナーである妻の存在があったが、博多を復興させようとする熱意と、家族の面倒を見るという言葉に、彼との“結婚”を決意するのだった。

掲示板

ダウンロードしたときはこちらの掲示板に書き込みをお願いします。

更新履歴(わ行)

10/ 9/10 わが家の歴史 - 追加
09/ 5/23 若者のすべて - 追加

サイト価格ランキング

アクセスカウンタ

総アクセス数

現在の閲覧者

inserted by FC2 system